「ほっ」と。キャンペーン

過去の面白かったこと   ツイッター@kitsukomz LINEクリエイターズスタンプ  http://line.me/S/sticker/1119760


by manshukitsuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

a0275352_9263852.jpg

私には弟の他に妹がいるが

ごく仲の良い友人すら妹の存在を知らない。






妹と私は凹と凸のようなもので、

趣味も会話も何もかも合わない、顔も似ていない、妹は下ネタも言わない。

二人が合わさるとようやくバランスのとれた一人の人間が出来あがる。



a0275352_1313359.jpg
幼いころはよく遊んだ。しかし、いつからか私と妹の関係はおかしなことになる。






さて、私は高校受験で失敗している






第一志望の高校には入れず、栃木のとある高校に入学したわけだが

a0275352_1314174.jpg

それはその後、長いあいだ私の心に暗い影を落とす契機となった











a0275352_12125975.jpg

埼玉の自宅から、秩父鉄道に乗り、電車を2回乗り換え、

駅から学校は遠いので学校の最寄駅で、置き自転車に乗り換え、

およそ2時間かけて通学した。


a0275352_928818.jpg

学校に着くころにはヘトヘトである。










a0275352_13372671.jpg

遠いので部活にも入らず、栃木弁にも馴染めず、友人もおらず










a0275352_13451118.jpg

ますます漫画が心の支えとなった。











そしてさらに
追い打ちをかける出来事が…




翌年、私が落ちた高校に妹があっさり合格して、通い始めたのだ





a0275352_13552787.jpg

「今日はぁ、学校帰りにみんなで渋谷に行ったんだよぉ~」



東京のお洒落な女子高生になってゆく妹…











a0275352_14393544.jpg

泣きたい…









a0275352_21105999.jpg

涙で前が見えない








a0275352_150635.jpg

その時…





a0275352_150258.jpg

私は、白い物体を避けようとして、自転車のハンドルをきり損ねて





a0275352_159115.jpg

盛大にすっ転んだ







そして、

白く丸いものの正体は








a0275352_15185543.jpg

子猫ちゃんでした。











私は思わず学校のボストンに入れて、そのまま家に持ち帰った




a0275352_1549304.jpg


妹といっしょに洗面台で猫を洗った。






私は、子猫の後ろ脚をそっと湯に浸けた。

すると…

湯から逃げるように、上へ上へとノミが集まり

猫の顔面にノミがびっしりと…




a0275352_15581354.jpg









a0275352_165362.jpg

あまりの衝撃に妹は完全に無言になっていた。





猫の体が湯に浸かれば浸かる程に、ノミが猫の顔面に集まり…
(あえて、絵は載せません。ご想像におまかせします)





a0275352_21203642.jpg










私は洗った、全身に鳥肌を感じながら無心で洗った








a0275352_9302758.jpg





猫を洗い終えてホッとしたのもつかの間



a0275352_2131469.jpg

妹は、私が身につけていたロケットのペンダントを目ざとく見つけると






a0275352_21404962.jpg

中身を見せろと言ってきたのだ




a0275352_2141955.jpg






a0275352_11455299.jpg






a0275352_11454816.jpg







a0275352_21452898.jpg








a0275352_21464225.jpg








a0275352_21464665.jpg








a0275352_11562784.jpg










その日の夜のこと…

a0275352_21485861.jpg







a0275352_214968.jpg







a0275352_11572563.jpg









a0275352_21512027.jpg













a0275352_21514146.jpg















a0275352_2205577.jpg












妹は当時の話題になると

「私…あの時の衝撃は忘れられない」

と未だにいう。よほど驚いたのだろう。






そして、妹と私は長い事ぎくしゃくした関係を築き


現在、私の人生から妹の存在は封印している。



a0275352_11593344.jpg

[PR]
# by manshukitsuko | 2012-11-06 15:56

ハト


父は家では何もしない人だった。



a0275352_21462624.jpg


ほとんど家に居ないし、
家族揃って食事をした記憶は数えるほどしかない。





父は家庭内のことは、全て母に丸投げして、しかし子供に何か問題が起きると 「お前の教育が悪い!」と母を責めた。

決して教育熱心でも子煩悩でもない、基本的には寡黙な男だ。






そんな父が、ライフワークとして、どっぷりはまっていた趣味…








a0275352_1444487.jpg

それがレース鳩だった。






a0275352_14483696.jpg
レース鳩というと、新沼謙治氏や「レース鳩アラシ」を思い浮かべる人が多いだろう。



(※レース鳩とは、鳩の帰巣本能を利用し、鳩愛好家たちが各自の飼育している鳩を持ち寄り、同一地点から同時に放鳩し、誰の鳩が一番速く帰ってくるか競うレースである)






a0275352_1785385.jpg

父は、思い通りにならない子供たちとは違って従順な鳩たちが、可愛くて仕方がない様子だった。








しかし。ある日、そんな父のささやかな幸せを揺るがす大事件が起きた。







a0275352_16494548.jpg

…弟である。







弟は、当時中3で受験生だった。突然、鳩を飛ばしたくなったらしい。
a0275352_15125817.jpg








a0275352_1502646.jpg



母と弟は鳩小屋から無作為に12、3羽ほど捕え、ケージに入れた。


その日は天気も良かったので、ドライブがてら自宅から30キロ離れた放鳩地点を目指した。





ちなみに、二人が鳩を飛ばすのはこの時が初めてだった。


a0275352_6481693.jpg









a0275352_1851226.jpg



せっかく鳩を飛ばすのだから、もっと遠くへ行こうと弟が提案し、放鳩地点からさらに離れた場所へ車を走らせた。










a0275352_19285057.jpg









a0275352_20182528.jpg








通常、放鳩した場合、鳩たちは上空で揃って旋回し、
a0275352_20174480.jpg
そのうち鳩小屋の方角を見つけ出し、一斉にそちらへ向かって飛んでゆく








母と弟はケージを開けた
a0275352_2003782.jpg









a0275352_20285610.jpg












a0275352_2031088.jpg
















a0275352_20382350.jpg









a0275352_21171214.jpg

鳩たちはヨタヨタと四方八方へ散らばり、家とは違う方向に飛んでいった











a0275352_21515312.jpg

とんでもないことをやらかした、二人はそう思っていた。
母と弟は、鳩が本来持っている体内磁石の力に望みを託し、家路へ急いだ。





自宅へ戻った二人は鳩小屋の前でしばらく待ってみたが…




放鳩した鳩たちは一向に戻る気配がなかった。





当時、鳩小屋には50羽程鳩がいたので、12、3羽減っても気付かないだろう。
母と弟は話合った結果、バレるまで父に内緒にしておくことにした。







a0275352_0433498.jpg

父はすぐに気付いた









a0275352_234112.jpg











a0275352_20511853.jpg











a0275352_2391991.jpg










a0275352_2395123.jpg










a0275352_2491351.jpg










a0275352_345186.jpg








a0275352_217050.jpg










a0275352_21153092.jpg





川が鳩の磁石を狂わせるのか定かではない。


先ほど検索してみたが、川が鳩の磁石を狂わせるという記述はどこにも見当たらなかった。

おそらく父の、長年の鳩経験から培った感覚だろうか。




さらに弟と母が無作為に選んだ鳩は訓練途中の鳩で、長距離を飛んだことのない若い鳩たちばかりだった。




a0275352_11175676.jpg






すると父は、何を思ったのか





a0275352_2232992.jpg

突然、玄関を飛び出し、厳しい顔で一心不乱に玄関を壊し始めた。

なぜ父が玄関を壊したのか未だにわからないが、おそらく本人もわからなかったと思う。







その後一週間かけて、すべての鳩が帰ってきたけれど、






a0275352_22571625.jpg


玄関は長い間壊れたまま




そのまま家は人手にわたった。












[PR]
# by manshukitsuko | 2012-07-23 23:11

包茎手術




私には5歳年の離れた弟がいる

先日、仕事のストレスから10円禿の出来た弟にブログの話をしたところ


a0275352_15162436.jpg

と言い出すので、私が戸惑っていると




a0275352_15173231.jpg

と、本人の強い希望があったので、今回は包茎のお話です。








弟は重度の真性包茎だった

高校1年の夏休み、母に連れられ都内の包茎専門クリニックで手術を終えた弟は
a0275352_15202174.jpg

生まれて初めて自分の亀頭を目にした瞬間、思わず「うわー」と声をあげた






母は高校の修学旅行で息子が恥ずかしい思いをしないよう、修学旅行前に手術を受けさせようと、包茎に関するチラシを集めていた


ジャンプの巻末の、男性がタートルネックで顔を隠した広告や、週刊誌に掲載されているチラシを切り抜いては、
a0275352_1525043.jpg
缶で出来た長方形の入れ物に母が包茎広告をせっせと収集していたのを、私はよく覚えている

出来るだけ事前にリサーチし、出来るだけ痛みが少なく、より腕の良い医者で包茎手術を受けさせてあげたい親心だったのだろう









しかし

包茎手術において、最も重要なのは医師の腕もさることながら術後のアフターケアなのだ



包茎手術後、最も大切で守らなければならない事柄の一つが
a0275352_15333661.jpg
なのだが、弟は医師から術後の説明を受けている時点で、絶対無理だ…と思ったそうだ




手術後5日ほど安静にしていた弟も、1週間もすると
外出出来るようになり




その日弟は、予備校に出かけた







ところが


a0275352_1714488.jpg

予備校へ出かけた筈の弟が、真っ青な顔で家に戻ってくると










無言で、カバンで隠していた股間部分を私に見せた
a0275352_1722351.jpg

股間は真っ赤な血が滲んでいた。

弟が着ていたブルーのTシャツと、ホワイトジーンズと、鮮血の赤い組み合わせを見て、私が「わーフランスの国旗みたい」と言ったが、弟はそれについても無言だった。



「意味なくちんこが勃つ」現象が男性にはあるが、弟は予備校の授業中に意味なくちんこが勃ってしまったらしく、そして、その日の勃起は今までの勃起とは比べ物にならないくらい強力だったという



授業中、ちんこに激しい痛みを感じ、異変を感じた弟は教師にトイレへ行くことを告げ、予備校の男子トイレの個室に入り、ズボンを脱ぐと真っ赤に染まった包帯の先端から鮮血が滴っていた 
a0275352_15465131.jpg


弟は患部をトイレットペーパーでぐるぐる巻きにし、教室へ戻ると教師に早退することを告げた









自宅に戻り、トイレでもう一度患部を確認した弟は出血にうろたえていた

a0275352_15501558.jpg




a0275352_15505542.jpg
母は買い物に出かけているし、とにかく病院に直接電話して解決方法を訊ねるしかないと思ったのだ








a0275352_1553137.jpg










a0275352_1554295.jpg












a0275352_15544287.jpg








と、私が言うと








a0275352_15552663.jpg

弟がものすごく無理のある体勢でプルプル震えているので








クッションを下に敷けばいいんだよ、と腰の下にクッションを丸めたものを敷いてあげると
a0275352_1556593.jpg
少し落ち着いた様子で「ありがとう」と言った



私は、もしかして弟はバカなんじゃないかと思ったけれど、
本当に切羽詰まって動揺して、腰の下に何かを敷くことすら思いつかない状態だったのだと思う





予備校での強い勃起はダイレクトに傷に影響した様で




その日以降

早朝の朝勃ち時、夕方の意味なく勃起する時、弟の部屋から

a0275352_15594079.jpg







a0275352_1602235.jpg



「痛いよう、痛いよう~」と物哀しい叫びがしばらく聞こえていたが




2週間が過ぎるころにはいつの間にか「痛いよう」は聞こえなくなっていた



そして包茎手術から半年もしないうちに、弟に初めて彼女ができた



術後の痛みと引き換えに、彼女が出来たのだから



結果オーライである












[PR]
# by manshukitsuko | 2012-06-09 18:49